ルーマニア紹介

「学校案内」へ戻る

annai_romania 日本人から見たルーマニアを紹介します。ルーマニアという国について、たくさんのみなさんに、少しでもわかっていただけるように、写真をたくさん交えてみました。
【ルーマニアの位置と自然】
ルーマニアの位置は北緯43度から48度、日本の札幌から北、樺太の南半分までにあたります。本州より少し大きい約24万k㎡の面積に、約2,000万人の人々が住んでいます。そのうち、一割強の人々が首都ブカレストに暮らしています。国土の真ん中を標高2000m級のカルパチア山脈が逆”く”の字に横たわっています。山脈の北西側は標高400~600mの台地で、南部のブルガリアとの国境にはドナウ川が西から東に向かって流れ、東部で北上しデルタ地帯を形成して黒海に流れ込んでいます。気候は中部ヨーロッパ特有の大陸性で、四季の変化に富んでいます。夏の平均気温は22℃と暑く、30℃を越える日が続きます。冬の平均気温は-3℃で最寒期には-20℃を下回る日もあり、寒暖の差が激しいのが特徴です。年間の降水量は約700㎜と東京の半分ほどで、乾燥気味です。 ro_1
朝日にそまる”凱旋門”
ro_2
ライトアップされた夜の”凱旋門”
ro_3
ブカレスト市内にのぼる”朝日”
凱旋門(Arcul de Triumf)
1919年に第一次世界大戦の勝利を記念して建てられました。
当初は木製でしたが1930年に現在の石造りとなり、現在の形には1935年に再建てられました。これはパリにあるエトワール凱旋門をモデルにしていますが、高さは27mで、パリの凱旋門よりわずかに低くなっています。

この凱旋門の近くには、ブカレストで最も大きいヘラストラウ公園が広がっています。休日には、散歩を楽しむ人たちでにぎわいます。
ro_14
カルパチア山脈
ro_4
公園に咲く”桜の花”
凱旋門近くのヘラストラウ公園
春になると市内の公園では、桜の花が咲き出します。ソメイヨシノではありませんが、異国で桜の花を目にすると、なぜか不思議な気持ちになります。すいせんの花は日本のものと同じで、春の公園はいろいろな花が一斉に咲き出し、とてもきれいです。
ro_5
春に咲く”すいせん”
ro_6
初夏の公園
ro_7
夏の湖と空
ro_8
湖面が凍り始めた初冬の湖
【民族・宗教・言語】
全人口の約89%がルーマニア人であり、この地方唯一のラテン系の民族です。
宗教は人口の約87%がルーマニア正教です。その他の宗教は、カトリックが5%、プロテスタント3.5%、その他14の宗教があるそうです。
ro_9
コンスタンツァ市内にある教会
ro_10
きれいに描かれた教会の壁画
公用語はラテン語系のルーマニア語で、フランス語やイタリア語に似ています。 最近では小学校2年生から英語の指導に力を入れているため、若い人の多くは英語を話せます。
【都市の生活】
首都であるブカレスト中心部の建物はチャウシェスク時代に作られた8~10階建てのアパート群です。
無機質のコンクリートで固められ、外壁の汚れが年月の経過を物語っています。
ro_11
革命前の旧官僚の建物
ro_12
市内で最も目にするアパート群
最近では、全面ガラス張りのなどの現代風のアパートやビル、ショッピングモールが建つようになりました。
ブカレスト市内の主な交通機関は、バスと路面電車と地下鉄です。いずれも旧式なものが多く、見かけはあまりよくありません。
数分待てば次の乗り物がやってくるうえ、真夜中まで動いている市内の交通機関は、意外に便利なものです。
しかし、複雑なコースをたどるバスや路面電車を乗りこなすのは容易ではありません。
ro_13
”トロレイブス”と呼ばれるトロリーバス