全日参観日①2018

6月9日(土)は、学校の授業や子どもたちの生活の様子を公開する「全日参観日(オープンスクール)」でした。
小学部は、生活科・社会科の授業で学習した「消防署での仕事」いついて壁新聞を作り発表しました。消防署を見学したりルーマニアの消防士さんに実際に色々な質問をしたりして、分かったことや驚いたことなどをまとめました。
合同国語の授業では、学年を超えて意見を出し合いながら活発な学び合いがありました。
中学部社会科の授業では、2年生が歴史について先生と1対1で真剣に学んでいました。
午前最後の授業は全校音楽です。「音のながさに気をつけて四拍子のリズムを作ろう」をめあてに、それぞれがオリジナルのリズムで作曲しました。
お忙しい中、保護者の皆様はもちろん、日本人会、学校運営委員会、学校評価委員会の皆様にもご来校頂き、「人数は少ないですが、みんなとても活発に学んでいますね。」と参観の感想を頂きました。日頃の学習の成果や練習した発表を参観者の皆様に見てもらおうと、子どもたちもとても張り切っていた1日でした。ご参観、ありがとうございました。