もちつき大会2016
MOCHI Festival

2016年を締めくくり新しい年を迎えるため、今年ももちつき大会を開催しました。今回も多くの保護者の皆様にご協力いただき、笑顔溢れる一日となりました。

中学部が担当したお雑煮は、WASABIの土屋様と一緒に考案したブカレスト日本人学校オリジナルレシピでした。当日も大人気で、みなさんに美味しく召し上がって頂くことができました。

今年度は大使夫人の石井幸子様にもご参加いただき、一緒に餅をついたり丸めたり、日本のお正月を感じることができました。餅米蒸しを担当した高学年、餅丸めを頑張った低・中学年、たくさんの餅だれを用意してくださった父母会の皆様、全員で協力してできあがったお餅の味は格別で、「もう食べられない!」とお腹いっぱいになるまでいただくことができました。日本から遠く離れたルーマニアの地で、臼と杵で餅つきができる、そしてそのつきたてのお餅を食べることができる。日本文化を感じ、日本の味を思い出すことのできる、心も体も温まるとても幸せな時間となりました。2017年が、皆様にとってより良い年になりますように。